アスクルで人気 クリアーホルダー売上BEST10

こんにちは!今回はアスクルで人気のクリアホルダーを紹介します。
クリアホルダーでも厚さの違いがあったり、機能付きの商品もございます。
ランキングとともに、商品の特徴や、オススメな使い方を紹介していきますので、
商品選びに悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

それでは早速売り上げランキングTOP10を見ていきます。

 

【第一位】アスクル クリアーホルダー A4 スタンダード

厚さ0.2mm

596223_3L1

累計販売数量22億枚(2016年7月1日実績)
アスクルの定番クリア―ホルダーが第一位です。

0.2mmと厚さもありますので、幅広い用途で活用できます。
普段使いや書類提出時などにオススメです。

 

【第二位】クリアホルダー A4 エコノミースリム アスクル ファイル

厚さ0.15mm

590785_3L1

1位のアスクル クリアーホルダーの厚さ違いの商品です。0.15mmの厚さになりますが、価格はこちらの方が抑えめ。
郵送でクリアホルダーに書類を入れる場合は、薄くて軽い方が郵送費用も抑えられます。

 

【第三位】アスクル クリアーホルダー A4 再生タイプ

厚さ0.2mm

592897_3L1

再生材を使用したクリア―ホルダーです。
リサイクル素材のため、環境活動に取り組まれている企業に喜ばれています。

 

【第四位】クリアーホルダー A4 スタンダード 簡易包装 1箱(500枚)アスクル ファイル

厚さ0.2mm

2843520_3L1

1位のクリア―ホルダーの簡易包装タイプです。
シンプルな包装で価格も抑えられるため、大量にクリア―ホルダーを使う方には
簡易包装タイプがお得です。

 

【第五位】アスクル クリアホルダー(再生)

 

655244_3L1

 

A4サイズ以外のアスクルのクリアホルダーが第5位です。
A2、A4、B4、B5、A5サイズのクリアホルダーとしては、
抑えめのコストでの販売が人気の要因の一つです。
A3タイプなどは図面など持ち歩く方に購入いただいています。

【第六位】クリアホルダー A4 エコノミースリム 簡易包装 アスクル ファイル

厚さ0.15mm

1638749_3L1

2位のクリア―ホルダーの簡易包装版。
こちらも大量にクリア―ホルダーを使用する方におすすめです。

 

【第七位】プラス 高透明カラークリアホルダー A4

厚さ0.2mm

1191005_3L1

透明度が高く、中に入れた書類の文字を見ることも可能な、
カラークリア―ホルダー。

カラークリア―ホルダーは仕事を色分けして管理したいときに重宝します。
色ごとに、仕事の大分類を分けたり、所有者を分けたりすることで、
一目で書類の種類を把握することも可能です。

 

【第八位】クリアホルダー 超薄型 A4 アスクル ファイル

厚さ0.1mm

384061_3L2

書類の郵送にクリア―ホルダーを使用する方にオススメ!
重さが0.2mmタイプの商品と比べると約14g軽くなります。

定型外郵便物が50g以内120円、100g以内140円、150g以内205円、、、と技かな差でも金額が変わってきますので、郵送費のコスト削減に有効です。

【第九位】アスクル クリアホルダー 1山インデックス付

厚さ0.2mm

655182_LL1

弊社でも使用している山付クリアホルダー。
ちなみに弊社では書類保管のクリアホルダーの使用はこちらのタイプしか認められていません。

 

書類整理のルールが決まっていて、1案件1ホルダーというルールがあり、
山の部分には仕事のタイトルを記入しています。
さらに書類は寝かせずに立てて管理することで、書類が探しやすい仕組みにしています。

また、山付の部分は修正テープを使うことで、繰り返し使用することが可能になります。

 

【第十位】プラス カード(名刺)ポケット付 クリアーホルダー A4

厚さ0.2mm

4627794_3L1

名刺やカードを入れることが出来るクリアホルダーです。
資料を郵送するときに、名刺が入っていると、受け取った方は連絡がしやすいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
クリアホルダーという一つのカテゴリでも厚さや色、山付や収納機能など様々な種類がありますね。

使い方によっては、コスト削減や仕事の効率化にも繋がります。
用途に合わせて、使いやすいクリアホルダーを選んでみてください。

 

 

 

 

 

この記事を書いたひと

いとちゃん

コワーキング型Co-innovationスペース『COHSA SHIBUYA』のコミュニティマネージャー。 COHSAのユーザーさんとの交流の中で発見した、おしごとをたのしくする情報を発信していきます。