かおりん

あってよかった!ScanSnapiX500でA3のスキャンを簡単に!

こんにちは!副編集長のかおりんです。
IMG_3249
最近「ペーパーレス」という言葉をよく聞きますが、
みなさんの会社ではペーパーレス化、進んでいますか?

なかなか難しい書類の電子化を手助けしてくれるのが
このPFUから発売されているドキュメントスキャナ
ScanSnapiX500です。

42_1_expand
本日は、このScanSnapが
あってよかった~!」と思ったことを記事にしたいと思います。

ScanSnapでできること

外出先で見たい資料が見れず、困ったことはありませんか?

作成したり貰ったりで、増える一方の書類が、データ化されて、
いつでもどこでも閲覧できたら便利ですよね。

ScanSnapは、社内や研修で配られた資料や、はがき、名刺、
パンフレットや雑誌まで、簡単にスキャンすることが可能です。
書類をPDFや画像データとして変換し、原本は処分ができるわけですね。

意外と厄介なA3の書類

書類にも様々種類やサイズがありますが、
意外と厄介なのがA3サイズの書類。
大きな複合機があれば話は別ですが、そうでないとなると大変です。
USBメモリを持ってコンビニに行くなんてめんどう、、、。

そんなとき、ScanSnapiX500なら、
A3サイズの書類も、簡単にスキャンできちゃいます。

便利すぎるキャリアシート

「なんで?A4しか入らないよね?」と思う方、いらっしゃいますよね。
わたしもそう思ってました。

でも、このScanSnapiX500付属の「キャリアシート」を使うことで
A3サイズの書類も、見開き1枚の形にスキャンできるのです。
detail_carriersheet-1
従来だと、A3の見開きのパンフレットをスキャンしたい場合、
中央を断裁し、スキャナーに通していました。

だから、スキャンの結果もこんな状態。
写真① 2016-12-28 17.50.41
A4サイズでスキャンされ、ページも縦に表示。
パンフレットならいいんだけどやっぱり見にくいし、
重要な書類であれば、断裁するのさえNGですよね。

そこで、キャリアシートを使うと、この通り!
写真③2016-12-28 17.51.02
スキャン後は見開きの形にデータが自動的に編集されます。

使い方

ScanSnap iX500aに付属されている
キャリアシートを使います。(別売りもしてます~!)
detail_carriersheet-1
スキャンしたいデータを外側にして
フィルムに挟みます。
写真④
それをスキャナーに通すだけ
写真⑤
スキャン後はこんな感じ!
写真③2016-12-28 17.51.02
1枚の見開きの状態でスキャンができた~~!
あってよかった~~!

まとめ

いかがでしたか?

ScanSnapiX500、持っている方も持っていない方も
購入を検討されている方も、、、
みなさんの参考になれば嬉しいです。

個人でのA3のスキャンなら、ScanSnapiX500
42_1_expand
気になる方はコチラからどうぞ!

それでは!

この記事を書いたひと

かおりん

オフィスハック副編集長。 自称いとちゃんの右腕。 出身は静岡の南伊豆。伊豆は、南に行くほど美しい。