【飲みすぎ注意!】アスクルで買えるコーヒー 種類別4選

飲みすぎ注意!
アスクルで買えるコーヒー 種類別4選

みなさん、オフィスでコーヒーを楽しんでいますか?
今回はアスクルで買えるコーヒーを種類別に紹介させていただきます。

【レギュラーコーヒー】

caf1

レギュラーコーヒーの特徴
・本物の味が楽しめる
・芳醇な香りがある

レギュラーコーヒーの良いところは何といっても、
本物の味を味わえるところですよね!
コーヒーを淹れる時間が、リフレッシュになる人にとってはいいかもしれませんね。

美味しい味を楽しめる一方、準備はそれなりに必要になります。
ペーパーフィルター、ドリッパー、サーバーなど物が必要になり、
淹れるのにも時間が少しかかりますよね。

アスクルではビジネスシーンに合わせたブレンドコーヒーを提供しています。
caf2
「和みのマイルド」幅広い接客に
caf3
「濃くのビター」長引く会議、残業時に
caf4
「香りのモカブレンド」休憩、2杯目のおもてなしに

【ドリップコーヒー(1杯取り)】

caf5

ドリップコーヒー(1杯取り)の特徴
・手軽に本格的な味が楽しめる

ドリップコーヒーはすでにコーヒーがフィルターに入っているので、
お湯を注ぐだけで簡単にできます。
1杯取りなので、大勢の方におもてなしするときは、ゴミが増えてしまうかもしれませんね。
また、1杯あたりの金額はレギュラーコーヒーの方がお安くなっています。

アスクルカタログ24-2号の表紙でも紹介されているドリップコーヒーを紹介します。
caf6
ブラジル「ダ ラゴア農園」産の豆を使った上質なコーヒーです。
さらにこちらのコーヒーは「レインフォレスト・アライアンス」という認証を受けています。
caf7
環境貢献に対する厳しい審査基準をクリアした商品をお届けすることで、
お客様もおいしいコーヒーを飲みながら、熱帯雨林や野生生物の保護、農園労働者の生活環境保全に貢献できます。

【インスタントコーヒー】

caf8

インスタントコーヒーの特徴
・お湯を注ぐだけで簡単に作れる
・冷水、牛乳に溶けるものも登場

インスタントコーヒーは何といっても、忙しいときさっと作れるのが特徴です。
味や香りについては他のコーヒーには劣りますが、スピードは一番です。

キーコーヒーとアスクルのコラボ商品の紹介です!
caf9

キーコーヒー独自のブレンドでどなたにも飲みやすくなっています。

【缶・ペットボトル】

缶・ペットボトルの特徴
・すぐに飲める
・冷やして飲むなど、夏場に最適

缶・ペットボトルはイベントや、夏場の来客時に提供する際におすすめです。
冷蔵庫で冷やして置いておけるため、接客時にはコップに入れるだけで提供できます。

接客むけにこのような商品もあります。
caf10

ドトールとアスクルのコラボ商品。
プラカップに入っているので、冷やしておけば、そのままお客様にお出しすることが出来ます。

どうでしたか?
ビジネスシーンに合わせてお好みのコーヒーを楽しんでみてください!

↓今回ご紹介した商品はこちらからご注文頂けます!
http://www.askul.co.jp/ag/bun-eidou/
アスクルのカタログ請求はこちら

この記事を書いたひと

いとちゃん

コワーキング型Co-innovationスペース『COHSA SHIBUYA』のコミュニティマネージャー。 COHSAのユーザーさんとの交流の中で発見した、おしごとをたのしくする情報を発信していきます。