まだまだ乾燥中。加湿器の選び方とお手入れ方法。

みなさんこんにちは。
まだまだ寒い日が続きますね。
冬の悩みといえば乾燥があげられます。
乾燥対策に、加湿器を使う方も、
いらっしゃるのではないでしょうか?

今回は加湿器の選び方とお手入れ方法を
ご紹介します。

加湿器とは?

加湿器とは室内気の加湿のために使う空調設備の1つです。

829fbac6b355657ae37b50bb6dc67b61_s

加湿器の選び方

加湿器には「スチーム式」や「気化式」「ハイブリッド式」「超音波式」など、さまざまなのタイプがあり、目的や用途にあったものを選ぶのがポイントです。

スチーム式

特徴:ヒーターで水を温めて蒸気を放出します。やかんでお湯を沸かして室内を加湿する方法と同じ原理です。
メリット:水を沸騰させるためカビや雑菌が空気中に放出されず衛生的。また安価で加湿もスピーディー。
デメリット:湯気が熱いので火傷の可能性あり。消費電力が激しいです。

気化式

特徴:水を含ませたフィルターに風をあてることで、湿った空気を放出し加湿するタイプです。タオルを濡らし加湿する方法と同じです。
メリット:やけどの心配が無く、電気代もあまりかかりません。
デメリット:加湿用の水を沸騰させないので、手入れを怠るとカビを部屋中に撒き散らすことになります。

ハイブリッド式

特徴:気化式にヒーターをプラスしたハイブリッド方式は、気化式のメリットを活かしつつ、ヒーターによる加熱で加湿のスピードをアップします。
メリット:省エネで音が静か。
デメリット:価格が高い。

超音波式

特徴:超音波振動で水の粒子を飛ばす。
メリット:低消費電力で、電源を入れたらすぐに水蒸気が出る。
デメリット:空中に放出される水の粒子が大きく、空気を加湿せずに落下しやすい。また、ちゃんと手入れおしないとおかないと、雑菌も室内にまき散らしてしまいます。

d1f4debec25cbc3eb8c0d144387cb236_s

加湿器のお手入れ方法

先ほどご紹介したタイプの中では、
しっかり手入れをしないとカビなどが発生し
室内にカビをまき散らしてしまいます。
せっかく風邪予防などで加湿器を使用しているのに、
アレルギーや風邪をひいてしまったら意味がありません。
簡単にお手入れ方法をお伝えします。

タンクをきれいにする

タンクは、臭いや水垢が発生する場所です。給水のたびにお手入れをしておくと清潔に保つことができます。できるだけ毎日お手入れすることがベストです。使わないときはタンクの水は捨てて空の状態にしておくのがいいです。運転しない状態でタンクに水を入れておくと加湿器のカビの原因になります。

※給水タンクに入れる水は水道水にしてください。浄水器やミネラルウォーターは、カビや雑菌が繁殖しやすいのでタンクに貯めて加湿する水としてはNGです。

フィルターやトレイの汚れをきれいにする

フィルターやトレイには、水垢が溜まるため、雑菌の繁殖や悪臭の原因となる水垢をとるためのお手入れが必要となります。最新の加湿器には、お手入れのタイミングを知らせる機能があります。そういった機能がない加湿器は、2週間に一度を目安に掃除するのがいいそうです。

最後に

いかがでしたでしょうか。
まだ、乾燥が続きますので、
しっかりお手入れをし加湿器を使ってみてください。

 

 

 

この記事を書いたひと

まさお

ハックチーム唯一の頭脳派。 データ解析ならおまかせあれ。