はせ

変わらないから卒業。「オフィスのレイアウト変更をする5つの効果」

どーも、はせです。

今回から名前を長谷川マン→はせに改名しました(どうでもいい報告です)

さて、皆さんの会社では机や椅子などのレイアウト変更を行うことはありますか?

移転や増床のタイミングがあれば、 新しい家具を買ったりとレイアウト変更はあると思うのですが、
中々レイアウトを変える・変えた経験がない方もいるのではないでしょうか?

レイアウトを変えることは、 人手・時間が必要なので、
「そこまでやる時間がない」「そこまでして環境を変えなくてもいいや」なんて思って、
今のレイアウトのままお仕事されている方も多いのでは。

弊社ではレイアウト変更を2・3ヶ月に1回のペースで行っています。
そこで、今回は私がレイアウト変更をすることで得られると思う効果を5つ紹介します。

1.物を捨てる/社内をきれいにする機会になる

e-waste-2049017_960_720

レイアウト変更することは、要るものと要らないものを見直すきっかけになります。
レイアウトを考えるとき、オフィスにある在庫などを把握することになるので、
不必要なものは捨てることができ、オフィスをすっきりさせるチャンスです!

家具や物を移動すると、それまで掃除ができていなかった場所が
掃除できることにもつながるので、 オフィスをきれいにするチャンスです!

2.アイディアがでる

education-548105_960_720

家具の配置を考えたりすると、 「あの机をここに持っていきたいね」
「これが捨てられるとスペースができるね」など
オフィスをどうしていきたいかのアイディアが出てきます。

各社員にアイディアを聞いて、オフィスのレイアウトを決めていくといいかもしれませんね。

3.知識が増える

school-2051712_960_720

これは特に移転など大きくレイアウトを変えるときに感じます。

パソコンを移動するときは、パソコンの配線や環境設定の方法。
会社に関わっている業者さんとの連絡でのやり取り。
家具の選定や配置を考えたりと、レイアウトを大きく変えるときにはやることがたくさんあります。

やることがたくさんあって、大変に感じるかもしれないですが、
いろいろな方面での知識が身につきます!

4.コミュニケーションがとれる

businessmen-2032160_960_720

レイアウト変更のときは社員で協力して、
一緒の時間で行うことがいいでしょう。
協力して作業することで、声掛けをしたり、
時間を共有するので、一体感も生まれます。

5.新鮮な気持ちで仕事ができる

images

机の場所が変わったり、オフィスの雰囲気が変わることで 新鮮な気分になります。
自分の席から見える視点も変わるので、 新たな気持ちでお仕事ができるような気分を私は感じます。

社内の雰囲気を変えたいと思ったとき、
まずはレイアウト変更をしてみることもいいかもしれませんね。

大変そうに感じるレイアウトもみんなで行えば、 意外とすぐにできるので、
中々レイアウト変更に手が付けられないという方も ロッカーの入れ替えや席替え、
机・椅子を少し移動してみるなど、 できることから始めてみてはいかがですか?

4月22日、23日に弊社が大幅なレイアウト変更を行いました。
その様子は後日アップします!

ではまた。

気になった方はこちらへ

この記事を書いたひと

はせ

入社4年目。 DeNAベイスターズの勝敗によって機嫌が左右されます。 目は細いが視野は広く、 いつもみんなのことを助けてくれる。