かおりん

適度な「早帰り」が会社の状態を良くする話

みなさんこんにちは、オフィスハックのかおりんです。

最近巷ではプレミアムフライデーなる15時退社が流行っていますが、
本当にその早帰りって会社をよくしてる、、、?と疑問に思っているひとも少なくないはずです。

また、プレミアムフライデーとうたわれていても、まだまだ浸透率が低いのも現実。
中小企業でプレミアムフライデーが導入されている企業は、ごく一部です。

弊社の早帰り制度

弊社では、毎週水曜を「早帰りの日」としており全員で18時半までに退社をする決まりがあります。

なにがあっても、基本は「全員」です。

実は、当初19時退社だった弊社の早帰り制度。
みんなの協力があり、約2年前に18時半へ、嬉しい時間の繰り上げがありました。

また、毎月1回、持ち回りで金曜日にも早帰りの日があり、事業部ごとに金曜日に18時半に退勤できる日もあります。

早帰りの為には・・・

全員で早帰りをする為に必要なこと、それはズバリ「協力」だと思います。

上司部下を気遣うこと、事業部間を越えて協力できることが、弊社の社員みんなが18時半に退社できている理由です。

誰かが帰れて、誰かは帰れないなんて、もしわたしが帰れない側だったら、会社を恨みますね。(笑)

本当の働き方改革

早帰りといっても、仕事が終わっていない状態で、時間だからと無理やり退社するのは違うと思います。
15時に泣く泣く退社をして、その後カフェでパソコンを開いている、なんて本末転倒ですよね。

無理な早帰りは、逆に会社を悪くしてしまうかもしれません。

社員の満足度があがる

また、社員全員対象の決まった早帰りは、社員の満足度をあげると思います。

社員にとって気になるのは「平等」でないこと。
平等に早く帰れるのは、コミュニケーションにも繋がるんですよね。
早帰りの次の日の木曜日、弊社では「昨日のデートどうだった?」なんて話題も飛び交っています。(笑)

最後に

いかがでしたか?

1週間の真ん中にいつもよりゆっくり休めたり、楽しみがあったりすると、プライベートもお仕事も充実することはなんとなく理解できますよね。

就業時間は企業ごとに異なると思うので、一概に「何時」とは言えませんが、無理のない範囲での早帰りは社員に満足感を与え、会社に良い雰囲気をもたらすと思います。

適度な早帰り、会社のしくみに取り入れてみてはいかがでしょうか。

それではまた!

この記事を書いたひと

かおりん

オフィスハック副編集長。 自称いとちゃんの右腕。 出身は静岡の南伊豆。伊豆は、南に行くほど美しい。