かおりん

オフィスにイトーキの電動式昇降デスク「toiro」がやってきた。

こんにちは、オフィスハックのかおりんです。

数年前からオフィスではトレンドになっているスタンディングワーク
弊社もこれまで、様々なメーカーのハイデスクや昇降デスクを取り入れてきましたが、この度ついに電動式の昇降デスクを取り入れました。

IMG_6088

初めて電動式昇降デスクに触ってみて思ったのはシンプルに「めっちゃ楽」ということ。
従来であれば、立つ為にパソコンを持って場所を変えたり、ハンドル式のものであればすきな高さにするまでにひと手間かけることが普通でした。

それなのに、電動のこのデスクは指1本で座るも立つも自由自在。

FullSizeRender

今回は、そんな電動式昇降デスク、イトーキ「toiro」を徹底レポートします。

操作ラクラク

というわけで、まずは肝心な昇降からやってみましょう。指一本でこの通り。

天板の高さは65~125cmの範囲で昇降しました。
モデルになってくれた彼女は身長156㎝なので、座るときは75㎝、立つときは100㎝がジャストサイズ。

IMG_0688
IMG_0689

でもこれが180㎝ある男性社員だったら、、、?
きっと違いますよね。そんなときもこのデスクなら指1本で調整可能。めっちゃ便利ですね。

机上に配線が無いって最高

また、このデスクは机上に配線の穴があり、必要ないコードは天板の下に収納することができました。これがまた便利で、わたしはお気に入りのポイント。

これが

IMG_0686 (1)

こうなりました。

IMG_0685

見た目がキレイだと、テンションも上がります。ごちゃごちゃしないのでなんとなく作業効率もアップ。

IMG_0687 (1)

つまり、最高ですよね。

電動式昇降デスク、イトーキ「toiro」

img_main01
toiroはデスクタイプとテーブルタイプがあるようで、作業用はもちろん、ミーティングもスタンディングの時代!
立ちながらのミーティングは、アイデアが活発に出る傾向があるようです。

また、弊社でもデスクパネルにグリーンの布張りのパネルを付けているのですが、これもわたしはお気に入りポイントでした。向かい合ったデスクだと、妙に目の前のひとが気になったりするんですよね。それがないから集中できる。

ということで、今回弊社で取り入れた電動式昇降デスクのスペックを簡単にまとめました。

■天板の昇降:650~1250㎜
⇒女性から男性まで、どんな体格、身長の方にもフィットしました!
■デスク幅:1400㎜(天板は1350㎜)
⇒一般的なデスクの幅は1200㎜なのでかなり広く感じました!
資料を好きなように広げられるからストレスなし!
■奥行:675㎜
■昇降スイッチ:押しやすい!
■天板の表面:若干ザラつきあり。文字は問題なく書けるくらいの素材です!

IMG_6098

まとめ

いかがでしたか?

今回初めて使ってみましたが、電動式昇降デスク、全力オススメでした。効率的にお仕事したい皆さん、是非弊社のオフィスに来て操作してみてくださいね。

弊社では、オフィスづくりのヒントになれればと思い、働き方改革説明会を開催します。
ぜひ、お気軽にご参加ください。

■開催概要 主催: 株式会社山崎文栄堂
2017年7月6日(木) 14:00-16:00
2017年8月7日(月) 14:00-16:00
会場: 株式会社山崎文栄堂目黒オフィス
(東京都目黒区青葉台3-17-13 3階)
参加費:無料 締切り: 開催日前日18時まで 参加人数: ご相談
参加申し込み希望の方はこちら

それではまた!

この記事を書いたひと

かおりん

入社4年目。 オフィスハック副編集長。 いとちゃんの右腕として、オフィスハックを盛り上げている。 出身は静岡の南伊豆。 伊豆は、南に行くほど美しい。