いとちゃん

クラウドコールシステムの導入でテレアポのレベルをアップしよう

こんにちは。いとちゃんです。

営業マンは誰でも行ったことがあるテレアポ。
テレアポしたときの、管理は皆さんはどうされていますか?

会社によってルールがあると思いますが、
今回は発信時間の削減や管理が実現できるサービスの紹介です。

クラウドコールとは?

IMG_1023

PCのWEBブラウザから発信することが出来、
電話が無くても、インターネット環境・パソコン・ヘッドセットがあれば、
どこでも発信することが出来ます。

 

導入の経緯

弊社でも営業は新規お客様へのご提案で、未取引先へのテレアポを行います。

1.各営業マンの活動量・成果が測れない

computer-767776_960_720

発信件数や成果について報告するときに、件数の記録が正確でないことがありました。

少ない発信でも成果を出す人、多く発信しているのに一向にアポイントが取れない人などいましたが、正しい数字が分からないと、対策も打つことが出来ません。

 

2.電話を掛けれないことにより生産性の低下

people-314481__340

営業の人数が増えてくると、時間帯によっては、発信する人の数が増えることがあります。
電話の回線数の関係で、一定人数を超えると、発信できなく、他の人の発信が終わるまで自分の発信を待たなければいけないことがありました。

新規の発信の場合はテンポよくやりたいので、待ち時間がかかるというのは生産性の低下ストレスにもなりますね。

導入後の変化

1.発信しやすい(件数が増えた)

ヘッドセットでかけられるので、電話が不要です。
電話が不要のため、使用している回線数を気にする必要もなくなりました。

受話器を持つ必要もなく、両手が空くのでPC操作もできます。
また、両耳でお客様の声を聞くことが出来るので、クリアな音ではっきり聞き取れます。

無題
電話番号を入力する手間も省け、番号の押し間違え防止や入力の時間削減に繋がります。
(画像の「電話をかける」ボタンを1クリックするだけで発信できます)
2.実績が記録に残り、改善が進んだ

無題

架電結果を記録に残すことが出来ます。発信後しか入力することが出来ません。
選ぶ項目はカスタマイズできるので、会社にあわせてほしい情報を残すことが出来ます。

無題

架電結果は簡単に見ることが出来ます。
発信してる数が多いのに、成果に結びついていない時は、リストの見直しや発信スクリプトの見直しを行います。
(架電結果はExcelデータで出力することも可能です)

 

まとめ

いかがでしたか?
毎日の業務で発信をしていても改善が進まない方、
件数の管理をしたい方など是非お試ししてはいかがでしょうか?

 

クラウドコールに関してのお問い合わせはこちらから

オフィスの効率化に関する見学会申し込みはこちら

この記事を書いたひと

いとちゃん

入社6年目。 オフィスハックの編集長。 普段はお客様のお困りごと解決のために奮闘中! 出身は静岡県で趣味はサッカー。 休みの日は昼間からビールを飲むのが幸せ。