まさお

あなたの会社が使っているのは?来客対応グッズ、比べてみました。

こんにちは。今回からライターになりましたまさおです。

「オフィスハックの記事書いてね~」と前々から言われていたので、

たまたま面談の予定があったお客様にどんな記事がいいか聞いてみました。

 

すると、「ちょうど今日話していたんですが、来客対応に使う

カップをどうするか悩んでいるんです。皆さんどうしているんですか?

アスクルの商品は沢山あって、正直どれをどう使ったらいいかわからない…」

とご質問いただきました。せっかくなのでこのご意見を記事にしたいと思います。

基本的にシーンや用途によって使い分ける!!

来客対応にかける総務の方の想いはそれぞれ…

とにかくたくさんの来客があるので、できるだけ効率良く使いたい方…

来ていただいたお客様にくつろいで頂けるよう最善を尽くしたい方…

どれも正解だと思います。

 

今日はアスクルの商品を例にとって、

用途から、メリット、デメリットを説明したいと思います。

9936148_l1

その1 紙コップ

スタンダードですね!用意が簡単なので、使ってらっしゃる方も

多いのではないでしょうか。

 

一番の利点は使い切りであること。いつも新品の紙コップを使うことで

ご来客にも安心して使って頂けますね。

 

反面、使い捨てのためゴミが出ることはやむを得ません。

 

また、紙コップの素材が薄いものだと熱が伝わってしまい、

熱い飲み物には向かないかもしれませんね。

1978491_3L1

その2 ペットボトル

こちらも用意は簡単です。紙コップと違い、飲み物を容器に

入れたりということもありません。

 

また、飲みかけだったとしてもご来客に持って帰ってもらえるので

社内にゴミが出ません。ご来客が手を付けなかったとしても

「よろしければお持ち帰りください」とお声掛けできますね。

 

デメリットを上げるとしたら、すごく手軽に出せる反面、

商品のロゴなどが全面に出ていると、

人によってはおもてなしがないと感じる方もいるかも…

(私はむしろペットボトルだと嬉しいですが)

 

企業によってはペットボトルラベルを自社のロゴに張り替えて

接客用におもてなし感を演出する方もいらっしゃいます!

実際にオリジナルラベルを頂くと、ホスピタリティ溢れてるなーと思います。

 

2708006_3L1

その3 インサートカップ&カップホルダー

最大の利点は「取っ手がある」ではないでしょうか。

前述の紙コップとは違い熱が手に伝わりません。

 

また、カップホルダーは繰り返し使えるので、

紙コップに比べてちょっぴりエコですね!

 

インサートカップはプラスチックなので、耐熱温度の

制限があります。

制限温度は大体80度くらいですので飲み物を入れる時には

ちょっとだけ気を付けてください。

5165040_3L1

その4 グラス、湯呑

一度購入すれば繰り返しずっと使えるのがいいところ。

洗えば半永久的に使え、コストパフォーマンスは高いです。

 

反面、来客に使う場合は不特定多数のお客様にご利用頂くことになります。

気にされる方もいらっしゃるので、ストローを付けるなど、

気遣いがあった方が使う方は嬉しいのではないでしょうか。

おもてなしの本気度は小物で見せつける!!

もっとおもてなしに本気出したいなあ…という方に!

さらにおもてなしできるアイテムを紹介します。

1251533_3L1

・断熱カップ

紙コップを使用していると「熱っ!」となって

びっくりしてしまうことがありますよね?

この断熱カップならそんなことはありません。

 

熱いコーヒーやお茶にも使えます。

また、断熱のためにカップ自体の耐久力も

上がっており、長時間の会議などで飲み物をおかわりしても

ふやけず使うことができます!

1982832_3L1

・ふた

研修で紙コップをつかう場合、長時間の講義で

淹れたコーヒーがどんどん冷めていってしまう…

かと言って、途中で席を立つわけにはいかない…

そんなときにはコレ、「ふた」です。

 

カフェでも使って頂いている、しっかりした商品です。

 

長時間の打ち合わせや会議などがあった時に

ふた付きで飲み物を提供してもらうと

冷めずに飲めて嬉しいですよね。

9652753_3L1

・カップスリーブ

元々たくさん紙コップを買ってあるので

今から買い替えるのはなあ…

そんなときはカップスリーブを使ってみてはいかがでしょうか。

 

7オンスから14オンスまでサイズ調整できる優れものです。

飲み物の熱をしっかりカットしてくれるので

淹れたてのコーヒーを持ち運ぶのに便利です。

 

カップによってはすっぽりはまらないこともあるみたいなので

対応している紙カップを確認してみてくださいね。

 

498429_l1

・紙コースター

コースターにもいろいろとありますが、

デザインが施されているものはいかがでしょうか?

アスクルにも色んなコースターがあります。

 

繰り返し使えるコースターもいいのですが、

特に木材系統のコースターは管理が大変だったり

するので、私としては紙コースターが

おすすめですねー。

結局何が一番多いの?私見で決める勝手なランキング

普段は営業をしているので、来客として

お客様のところにお伺いすることが多いわたくし。

弊社社員にも聞いて、どんな対応をしている企業様が

多いかランキングにしてみました。

 

1位 ペットボトル(290mlサイズ)

2位 紙コップ

3位 インサートカップ

4位 コップ

 

また傾向として、スタートアップやIT系の企業にペットボトルは

多いようですね。

歴史の長い企業様だと、コップや湯呑を使っていらっしゃるようです。

まとめ

いかがでしたか?どのアイテムも一長一短があるので、

シーンやシーズンに応じていろいろと使い分けてみてください。

紙コップはいろんな柄があるので、気分で使い分けるのもいいですね!

この記事を書いたひと

まさお

ハックチーム唯一の頭脳派。 データ解析ならおまかせあれ。