みなみ

無料で企業ロゴ入れできる格安電報、「アスクルe-denpo」とは

こんにちは、オフィスハックのみなみです。

みなさん突然ですが、電報を送る機会はございますでしょうか。
扱った機会のない方も多いかもしれません。
そもそも電報とは、何なのでしょうか?

電報とは

wedding_denpou

電報は大きく分けて「祝電(しゅくでん)」と「弔電(ちょうでん)」の2種類があります。
結婚式や誕生日祝い、開店祝いなど、一般的に「慶事(けいじ)」とされるおめでたい場へお祝いの気持ちを伝えたいときに送る電報は「祝電」を送ります。
葬儀や法要など、「弔事(ちょうじ)」に対してお悔やみの気持ちを伝えるためには「弔電」を指定します。
(アスクルe-denpo)

また、アスクルe-denpoのサイトにこんな記載もあります。

祝意や弔意を伝えたい大切なときや、相手の人生の節目にあたるとき、そして自分がその場に立ち会えないときなどに、タイミングを誤らず、マナーにのっとり、先方にも快く受け取ってもらえて、しかも効果的に印象付ける形でメッセージを伝える手段として、電報以上の手段はないかもしれません。

電報を日常的に扱う機会は少ないかもしれませんが、仕事において、重要な役割を果たしてくれるのですね!

電報は、仕事において、様々なシーンで必要になります。
例えば、取引先のお客様が昇進された時などに電報を送ることで、信頼関係をより深めることができます。
電報はビジネスマナーのひとつといってもいいくらいだそうです。
信頼関係を築いていく中で、電報を送ることは、押しつけがましくなく、自然に相手に好印象を残す、有用なツールなのですね。

 

それでは、電報を送りたい、と思った時に、いったいどうすればよいのでしょうか?

そんな時に役立つのが、
電報を低価格で即日配達できる「アスクルe-denpo」サービス!

アスクルのIDでログインして使うことができて、請求もアスクルと一緒にすることができます。

今回はこちらのアスクルe-denpoを、アスクルのe-denpoサービス紹介サイトから抜粋してご紹介していきます。

①業界最安値

nefuda_yasui

電報の相場はだいだい安くても1,300円くらい。
高いものでは4,500円ほどかかります。

アスクルe-denpoでは、1,000円(税抜き)から取り扱っています!

そして、アスクルe-denpoの電報料金は、「メッセージ料金(文字数あたり)」+「台紙料金」+「オプションサービス料金」+「消費税」を合わせた合計金額となっています。
一般的な電報料金は、記載される文字数に応じたメッセージ料金に台紙料金その他のオプション料金等を合算して設定される『文字課金型』ですが、アスクルe-denpoは463文字までなら台紙料金込みで一律料金1,000円(税抜き)の『文字数定額型』なので更にお得です!

②企業ロゴも入る

building

実は、ロゴを入れられる電報サービスってなかなか少ないのです、、、。
そんな中、アスクルe-denpoなら、無料でロゴや写真を入れることができます。

新規顧客や受け取る側の立場や知識などによっては、社名だけではピンとこない取引先もあるかもしれません。

そんな時に、企業のロゴや、その会社だとパッと見てわかる写真が入っていたら、この会社からの電報なんだ、と認識してもらうことができます。

ちなみに、企業のイメージキャラクターを入れたり、代表のサインを入れたりなど、他にもできることがさらにたくさんあります!

③最速でお届け

yuubin_takuhaiin_run_woman

最短で当日(3時間)でのお届け可能です。

特に急なお悔やみなどがあった時に、スピードで電報を送ることが何よりも大切なのではないでしょうか。

慶事と違って弔事は、二度と会えなくなる人と最後のお別れをする場面。
弔電とは、本来なら結婚式などの慶事よりも優先して参加しなければならないものである弔事に、やむを得ない事情で欠席しなければならない時の、お詫びを兼ねてお悔やみの気持ちを伝える手段といえます。

アスクルe-denpoは、24時間いつでもオンラインで受け付けてます。

一般的には、葬儀開始1時間前までに電報が届くのがベストだと言われています。
例えば午前11時に開始する告別式へアスクルe-denpoで弔電を打つなら、朝7時までに手配すれば11時に会場へ届きます。

まとめ

otanjoubi_birthday_present_balloon

いかがだったでしょうか。
電報は日々使うものではありませんが、すぐに手配が必要となった時、
ここに頼めば大丈夫、というところがひとつあるといいですよね。

アスクルを普段からご利用のお客様には、誰にでもお使いいただけます。
ぜひでんぽうを送る機会がありましたら、アスクルe-denpoを使ってみてはいかがでしょうか。

 

アスクルのカタログ請求はコチラから!

書類整理やオフィスの改善を体験から綴った無料メルマガ登録はコチラから!

この記事を書いたひと

みなみ

ハックチームのルーキーみなみ。 美味しいものが大好き。お菓子を与えると懐きます。