よく見る書類の99%が1年以内に作成されたものという事実

こんにちは!長谷川マンです。
前回書類の検索時間について紹介させていただきました。
見ていない方はこちらから

今回は書類に関する情報、第2弾をお届けします!

書類をためこんではいませんか?

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_m

私も仕事の中でとっておく書類はもちろんあります。
それは後で見るためです。

すでに終わっている案件やそんなに重要そうでもない書類も、
「いつか使うかもしれない・・・」とため込んではいませんか?

書類をため込みすぎると、
探している書類が見つからず、
時間のロスとストレスにつながってしまいます。

7dc9241447faddd543829faa092ed7a4

書類が作成されている仕組みを知れば、
書類を整理する参考にもなりますよ。

よく見る書類の99%は1年以内に作成されたもの

探す

弊社の社員が全員受ける『ファイリングデザイナー検定』の教科書の中にこんな文章があります。

【ナレムコ(NAREMCO:National Records Management Council)が行った調査統計によれば、
事務員が見る文書の99%が作成・収集されてから1年以内のものです。】

PAK85_coding15095904_TP_V

よく見る書類は1年以内のもので、1年をこえた書類は、
100回に1回しか見ないという計算になりますね!

PAK85_mitukattahoukokusyo20140905

捨てることが大切

1年たった書類のほとんどは捨ててしまっても、そんなに問題ではないのです。

心の声「(そんなこといっても意外と見ることも多いんじゃないの?)」

捨てて大丈夫です!!

l_188

※本当に大切だと思うものは、
データで取っておくといいかもしれません。

オフィスの悩み・不満で、
【書類の氾濫】【オフィスが狭い】ということが多いそうです。

files-1614223_1920-1024x801

こんな書類見るだけで嫌になりますね…

思い切って捨ててみることで、
オフィス環境も心も、
すっきりしてみてはいかがですか?

Green-grass-blue-sky_1920x1080

書類整理に関するお問い合わせはこちらから

この記事を書いたひと

はせ

新卒採用責任者。 目は細いが視野は広く、学生の就職活動を支援中。 一人ひとりと向き合う独自のビジョン採用を発信していきます!