ホワイトボードマーカー比較してみた!

皆さんは、普段どのホワイトボードマーカーを使用されていますか?

ペンの太さや色、書きやすさなど様々ありますよね!

 

そこで今回は、山崎文栄堂で使っているホワイトボードマーカーを比較し、

私の独断で一番使いやすいペンを選んでみたいと思います!

今回の対象商品

今回の対象は山崎文栄堂で使用している4種です。

 

①ホワイトボードマーカー 黒 中字丸芯 アスクル

国産品なのに安い!どこに置いてもなじむ、シンプルな北欧デザイン。

なめらかな書き味で好評です。

291811_3L1

 

②ぺんてる ホワイトボードマーカー ノックル 中字丸芯

文字が薄くなったら数回プッシュで濃さが戻る。直液式ホワイトボードマーカー。

069873_3L1

 

③ぺんてる ボードマーカータフ 丸芯 中字 黒 MW50M-A (直送品)

文栄堂で昔から使っているマーカー。インクの交換ができるので、長く使用することができます。

51iMJIQ5ptL._SX466_

 

④直液式ボードマーカーヨクミエール中字 黒 1本 コクヨ

インク残量が見えるので、インクの交換時期が一目瞭然!

濃いインク採用で遠い場所からでも筆跡がよく見えます。

9564660_3L1

 

 

実際に使ってみた

実際に①~④のマーカーを使って、書いてみました!

線を引くと↓のような太さです。

IMG_0693

②→③→①→④の順で細くなっていきますね!

 

 

続いて2日放置した後に、消した時の写真です。

④はしっかり消すことができましたが、①③は痕が残ってしまいやすかったです。

(ホワイトボードやマーカー消しの相性でも変わります)

IMG_0694

 

 

また漢字を書いてみた場合はこちらです。

②③は太字のためインパクトは強いですね!

④は細い割に、色が濃いので見やすい印象でした。

 

IMG_0695

 

実際に使ってみて

個人的に、一番書きやすく・消しやすかったのは…

④のヨクミエールでした!!

IMG_0707

 

 

インク交換方法

■交換方法

ところで皆さんは、インク交換の仕方を知っていますか?

今回ご紹介したマーカーのうち、③④は交換ができるタイプのマーカーなのですが

そのうち文栄堂でよく使っている、③のインクの交換方法を動画でお伝えしたいと思います!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ホワイトボードマーカーは多くの種類があり、それぞれ太さや書きやすさが違います。

マーカーを選ぶ際に、今回の記事を参考にしていただければ嬉しいです!

 

また、アスクルを使いたい方は登録が必要です!
アスクルの登録希望は、下記サイトからお申込みください♪
https://bun-eidou.co.jp/catalog_form/

 

この記事を書いたひと

うさぴょん

見た目はベテラン、中身は24歳のルーキー。 学生時代はココ○チで4年半働いていました。 現場目線でのお役立ち情報や、名刺のあれこれをお伝えします!