文房具やがお伝えするテプラのヒント!

みなさんこんにちは。
6月が終わる!2018年も半分すぎたことに驚いているむーちゃんです。きっとこの感覚は私だけではないはず!そう思わずにはいられない今日この頃です。

さて、本日とりあげるのは、
『テプラ』!

ジャン!
IMG_6524

結構、お持ちの会社の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
好きな文字や出力したい文字を機械に打ち込むとシール状になって出てくる、アレです。

メーカーによって呼び方が異なり、
キングジムから出しているのが『テプラ』
カシオから出しているのが『ネームランド』

みなさん、ご存知でしたか???
世の中の、あのすべてのシール状のものが『テプラ』ではありません!

そして今回登場するのは、私の会社で使っているキングジムの『テプラ』!

今日は、この『テプラ』の活用で
『こんな使い方でもできるの!!』をお伝えします。

テプラの普段使い

テプラの普段使い、皆さんどのようにされていますか?

一番多いのは、文字を入力して、テープの幅を選んで出力する!
これが一番多いのではないでしょうか。

IMG_6525

ファイルの見出しに使ったり
備品の表示に使ったり
結構テプラが活躍する機会って多いですよね。

今のテプラはこんなこともできちゃう!

でも、テプラは文字をただ単に、シール状に出力するだけではないのです。

えっ!
何ができるの?????

そう、こんな感じです。
IMG_6514

『表』も出力できるのです!

文字表示だけがテプラのお仕事ではないのです!
こんな表になったシールをたまに見かけることはありませんか?
どこかの業者さんにお願いしなくても、テプラで作れちゃうのです!

オフィスでどんなことで役に立そう???

私のオフィスでは、『会社で買ったものですよー(資産計上品)』というのが一目でわかるように、このシールを貼っています。

IMG_6514

資産計上品で知っておきたいのが
・資産の種別名
・購入日
・資産管理番号
・どこの部門で管理しているかの部門名
などなど…
会社によって管理しておきたい情報がありますよね。

これをシールで作って貼っておけば、
『あれ、いつ購入したっけ?』で悩まずにすみます!

この表は結構役に立っている使い方としては、パソコンに貼り付けることです。

社内のパソコン管理やシステム調整をする時、ドライバインストールをしたい時など
パソコンの情報を調べたい時ってありますよね。

そんな時に、このシールを貼っておけば
パソコンの情報が一目でわかって楽チンです。

うちのテプラでも作れるの???

ごめんさい・・・
作れるテプラと作れないテプラの機種があります。

ここで作れるテプラの機種は『PCテプラ』と呼ばれている種類です。
作れるテプラの機種一覧
SR5900P/SR5500P/SR3900P/SR3700P/SR3500P/
SR970/SR950/SR750/SR670/SR550/SR530/WR1000
※2018年6月29日現在 キングジムさんHP参照

IMG_6515

パソコン本体とつなげて使います。
ちなみに、普通のテプラ本体も、パソコンとつなげることができますよ。

どうやってつくるの??

作り方はカンタン!
1レイアウト3分でつくれます

こんな感じです
①PC上のテプラのアイコンをクリックします

②『備品管理』をクリックします
メニュー画面
写真1

③すでにテンプレートのフォーマットが出てくるので、
右側のエクセルのような欄に必要な内容をきさいしていきます。
入力画面

④テープの幅を選びます。
おススメは36㎜幅!

⑤出力して出来上がり!!!

ジャーン!!
IMG_6514

終わりに

いかがでしたか???
『あれ?うちのテプラでも出来そうじゃん!』という方!

そう!
テプラは文字を出すだけではないんです。
テプラの可能性を拡げていきましょう!!!

ということで
今日は、『こんな使い方でもできるの!!』
テプラの活用をお伝えしました。
みなさんも、テプラ活用の可能性を広げていきましょう~

この記事を書いたひと

むーちゃん

約3年間、ひとりで経理総務を担当。 実務の経験で培った ノウハウを活かした記事を更新中!