スマートマットを活用して、 ヒューマンエラーを無くそう!

みなさんこんにちは!

最近「IoT」という言葉をよく耳にする方もいるのではないでしょうか。
そしてアスクルでもIoT商品の「スマートマット」の活用をスタートさせました。

そこで今回はIoTとスマートマットについて、紹介したいと思います。

 

IoTとは

そもそもIoTとは「Internet of Things」の略で
モノのインターネットという意味で、モノがインターネット経由で通信することです。

 

IoT

 

スマホやPCがインターネットに接続されているのは当たり前ですが、
最近では「テレビ」や「自動車」など、今までインターネットとは無縁だったモノが
インターネットに接続することで、便利な機能が付くようになりました!

テレビであれば、外出先から録画の予約ができるようになったり、
自動車は自動ブレーキの機能が付き、自動運転の技術も開発されています。

自動ブレーキ

それ以外にも農業ではセンサーで感知して、自動で水やりを行ったりなど
様々な場所で、「IoT」が進んでいるのです!

 

自動水やり

 

 

スマートマットとは

スマートマットとは、”株式会社スマートショッピンク゛という企業さんが開発したIoT機器です。

重量センサーを搭載したIoT機器で、載せるだけであらゆる物の残量・残個数を自動計測し、
リアルタイムで在庫量・個数を管理します。

また様々なサービスと連携することで、自動発注を実現することがでる商品です!

 

d26042-3-274008-0

 

 

アスクルでも重量センサを搭載した「スマートマット」を導入し
コピー用紙を自動で注文・お届けするIoTサービスをスタートさせました!

それまでは人が在庫を管理していたので、
商品や数量確認をしなくてはいけないし、
発注漏れや、発注ミスが起こる可能性もありました。

 

アスクル

 

自動で届くことで、「足りない」ということは無くなりますし、
数量確認や発注の時間を、他の時間で使うことができるようになります!

スマートマットについて詳しく知りたい方は

こちらの記事も見てみてください!

 

こんな活用方法と注意点

さて、どんな職場でも”備品発注業務”は必須ではないでしょうか。

 

document_hacchusyo

 

私も学生時代に、飲食店のアルバイトで備品発注をしていました。
調理や接客をしながら、毎日在庫チェック・備品発注をしなくてはいけないので
終わるまで1時間くらいかかっていました…

そして、もし発注数を間違えて多く頼んでしまったり、

発注漏れがあると在庫が溢れてしまったり、または近くに買いに行かなくてはいけなかったり
とても大変な思いをしました。

 

komatta_man2

 

もし先ほどのアスクルのように、スマートマットを活用できれば
外食、サービス(ホテル)、製造業、医療・介護、卸売業、小売業などなど、

幅広い業種で活用できるのではないでしょうか。

 

20180823134227

 

また、スマートマットは1日1回~1440回まで好きな回数を計測できるのですが
乾電池とWi-Fi環境が必要になります!
Wi-Fiに接続されていないと計測されないのと

計測回数を多くすると電池の消耗も早くなりますので、注意してください!

 

まとめ

いかがでしたか?

スマートマットを活用し、
日々の発注業務の負担を減らして、
自分にしかできない仕事を増やしていきたいですね!

 

コピー用紙自動配送サービスを利用するには、
下記サイトから、申込みができます。
自動配送サービスお申込み

また、スマートマットの利用には、アスクル登録が必要です。
アスクルの登録希望は、下記サイトからお申込みください♪
https://bun-eidou.co.jp/catalog_form/

 

この記事を書いたひと

うさぴょん

見た目はベテラン、中身は24歳のルーキー。 学生時代はココ○チで4年半働いていました。 現場目線でのお役立ち情報や、名刺のあれこれをお伝えします!